家族持ちの転職は120%家族に相談するべき

Photo by Jonathan Daniels on Unsplash
Career Change

こんにちは!ショータローです。

妻と息子1人の家族3人で仲良く暮らしている、30前半の駆出しブロガーです。

早速ですが、今回の記事の結論はこれ。

「家族持ちの転職は120%家族に相談するべき」です。

僕も2年前の4月に家族がいる状態で転職しました。僕の場合は転職理由が地元に帰ることで、妻も同じ地元出身だったので家族として意見が一致し、転職にいたりました。

会社を辞めるタイミング、貯金やローンなどお金のこと、子どもの保育園のこと、妻の仕事のこと、妻と一緒に考えながら転職活動をしました。

とても一人じゃ考えることのできない量の、考えるべきことがありました。家族に相談せずに転職するのは、実質不可能だったように思います。

それでも、僕もはじめは一人で考えていました。どうするべきかと。

この記事では、

・転職を考えているけど、家族にはまだ話してない

・反対されそうで言い出せない

・何て言えばいいのかわからない

そんな人に向けて書いています。

記事の内容

  • 家族に相談すべるき理由は?
  • 家族に相談するタイミングやその伝え方は?
  • もし反対されたら?

家族に相談するべき理由は?

Photo by Johannes W on Unsplash

「そんなの当たり前だよ!」って考える人はそれでOKです。でも、迷うことはありますよね。転職って昔より気軽とはいえ大きいことですし、家族の前向きな理解を得られるとは限らないですし。

それでも、僕も家族に相談するべきだと考える理由をいくつか挙げていきます。

家族の理解があれば慎重な判断ができる

家族(旦那さんや奥さん)に相談することで、とりあえずあなたの考えていることを家族は知ります。家族がそれに対して前向きな理解を示すか、後ろ向きな理解を示すかはその時点では分かりません。

ただし、どちらの理解にせよ、間違いなくあなたに慎重さをくれます。転職するとなると、これはどうする?あれはどうなる?といった、あなたが見えていない家族としての転職に関わる部分が出てきます。

たとえば、お金のこと。転職に関わるお金は想像以上にかかります。退職、引越し、ローン、新住居、新しい生活、すべてにお金がかかります。転職先での収入はもらうまでは当てにできません。

そうなると、一定以上の貯金は必須です。そういった部分は、家族で話し合わなければ準備ができないのです。

また、転職活動中に就職先が決まりそうになったときでも、一度相談していれば勢いだけで決めるのはではなく、帰って家族に相談してから決めることもできます。

これからの人生を一緒に本気で考えることができる

あなたの考えを前向きに理解してくれた際には、きっとあなたをサポートしてくれます。どういう条件の仕事に就くのが家族として、あなたにとってベストかを考えてくれます。

転職活動は凹むことも多いので、そのサポートがあるのはとても心強いです。

もし、あなたの考えに後ろ向きな理解、転職に反対だとしても、じゃあどうする?というこれからの人生について一緒に本気で考えるきっかけになります。

どうすれば、家族が、あなた自身が幸せになれるか?それがまた転職に繋がる可能性もあります。

もし相談されなかったら、寂しいだけではない。離婚だってあり得る

逆の立場で考えてみてください。家族なのに相談されないって、単純になんか寂しいですよね。「なんでそんな大事なこと言ってくれないんだよ」って。

それだけならどうにかなるかもしれませんが、もし勝手な判断で転職をし、その転職が失敗だったらどうしますか?ブラック企業だった、お給料が激減して全然増えない、行くのが嫌になってきたなど。

間違いなく家族はあなたにもどかしさを感じますし、あなたも家族に申し訳なさを感じます。経済的に苦しくなれば、離婚になることだって大いにありえます。

家族に相談するタイミングやその伝え方は?

Photo by Joshua Ness on Unsplash

僕の場合は普段からそういう話をしていましたが、そうでない人も相談するだけなので難しく考える必要はありません。以下のポイントだけ意識すればOKです。

タイミングは転職を考え始めたときに、落ち着いた状況で伝えればOK

転職を考え始めている段階から相談しても大丈夫です。もちろん少し調べて気になる企業があるとかでもOKです。素直に思っていることを話せば伝わります。

そのときに大事なのは、落ち着いた状況であること。忙しいときや機嫌が悪いとき、子どもが泣いているときなどに話すのよくありません。

伝わるもんも伝わらないです。できればお子さんが寝ているときなど、お茶でも飲みながら静かな状況で話すのが良いです。(特に男はこの辺の感覚が鈍い人が多いので注意が必要です笑)

もし、1回であまり理解してもらえなければ、もう少し具体的に調べて改めて伝えてみます。その本気度が少しずつ伝わるはずです。

転職先の話だけでなく、家族の将来についても考えていることを伝える

相談するときは、必ず家族としての将来のイメージについても話した方が良いです。具体的に決まっている必要はありません。

大事なことは家族のことを考えている、地に足を付けて考えていることを理解してもらうためです。

転職で考えるのは勤め先だけではありません。住居や引越し、子どもの学校、給料やローンなどお金のこと、転職後の生活などたくさんあります。

いくら希望の転職先が給料がいいなど好条件であっても、その辺りを全く考えていないと家族は前向きに応援しづらくなります。家族のことを考えているのかな?って。

もし反対されたら?

Photo by Stefan Spassov on Unsplash

家族も真剣に考えます。あなたの気持ちを尊重はしますが、反対されることも当然あります。だからといって、すべてをあきらめる必要はありません。

家族の評価は一つの結論。一度受け入れる

家族はあなたを一番近くで見ています。働いているところを直接見ているわけではないですが、あなたという人間がどういう人かはある程度理解しています。

つまり、反対するということは、それも家族があなたを評価して出した一つの結論です。

今のあなたにとって、家族にとってそれはベストな判断ではないと考えた結果なのです。一度その結論を受け入れてみてください。

その上で、今後どうするべきかを真剣に、一緒に考えても何も問題はないはずです。むしろ選択肢が増えて、より良い結果に繋がる可能性が増えます。

副業で結果を出す

家族があなたのことを信用していても、転職は家族にとっても勇気のいることです。簡単には踏み切れないのも仕方ありません。だったら、副業という形でトライするのありだと思います。

直接希望するジャンルで副業ができればいいですが、それができなくても他の分野で始めてもいいと思います。それで収入を少しでも稼げるようになれば、それ自体が転職の際のリスク分散にもなるからです。

僕自身も転職したいわけでありませんが、リスク分散のため副業に挑戦中です。それ自体にリスクが小さいのもありがたいですよね。

副業で結果を出せれば、自分に対して自信もつきますし、家族のあなたに対する信頼も増すはずです。場合によっては、転職する必要もなくなるかもしれません。

まとめ

Photo by Natalya Zaritskaya on Unsplash

家族持ちの転職で、家族に相談しないメリットはありません。相談の仕方は色々ありますが、120%相談するべきです。

転職は、本人だけでなく家族にも多くのエネルギーを必要とします。実際に考えなくてはならないこと、やらなきゃいけないことがたくさん出てきます。本人だけの意思で決められることではありません。

そんな家族に、転職を前向きに応援してもらうために一番大切なこと、それは日々の行動です。日々どんなふうに過ごしているかを家族は無意識に見ています。家族といえども、そういう部分で信用を積み立てているのです。

「あの人なら大丈夫だと思う」「あの人ならやってくれる」そう思ってもらえるような日々を過ごせれば、きっと応援してくれると思います。