《英語で日記》~どうやって英語勉強してるの?~

English

こんにちは。ショータローです。

この記事は最近あった日常の何気ないワンシーンを中学英語で話してみよ♪っていう企画の第4弾です。

でも今回はいつもと少し違うテイストです!

それでは早速。

今日のシーンはこちら👇

職場の同僚にトルコ人のヨセフさん(仮名)って人がいるんですが、彼はトルコ語と日本語はもちろんドイツ語と英語も喋ることができます。
なので、僕は最近英語の練習してるから付き合ってくれないか?とお願いしました。
そのときの一幕です。

記事の内容

  1. 日本語ver.
  2. 英語ver.
  3. 解説+ポイント

まずは日本語ver.をご覧ください。

≪日本語ver.≫~どうやって英語勉強してるの?~

ちょっとやりとりがあって・・・

ヨセフさん
あなたの英語は上手だと思うよ。
ショータロー
いやいやいやいや、そんなことないですよ!(え?マジで?w)
ヨセフさん
会社の人の中ではね(ニヤニヤw)

会社の中で英語を喋れる人なんてほぼいません…悲(ヨセフさんのジョークw)

お世辞でも嬉しかったです…Fight!

まあここまではとりあえず良かったんですが、問題はこの後👇

ヨセフさん
どうやって英語勉強してるの?
ショータロー
え~っと、日本人用の英語の参考書を使ったりしてやってるんですよ。
例えば、左ページに日本語の文が書いてあって、右ページにその英文が書いてあるんで、僕は左ページの日本文を見て、パッと英語にしてみて、その後右ページの答えを見る感じです。

👆今回はココがメイン!

これが全然言えなくてもどかしい思いをしたので、なんとか英文にしてみます。

≪英語ver.≫~どうやって英語勉強してるの?~

ヨセフさん
I think that your English is very well.
ショータロー
Thank you, but that’s not true.(Really?)
ヨセフさん
Than your colleagues.
ヨセフさん
How do you learn English?
ショータロー
For example, I practice speaking a simple sentence with English textbook.

There are Japanese sentences on left-hand page and English sentences on right-hand page in the textbook.

So I try making and speaking English from a Japanese sentence as simply and quickly as possible, and I check the answer.

フ~、今回はいつも以上に作るのに頭使って疲れましたw

≪解説+ポイント≫~どうやって英語勉強してるの?~

ヨセフさん
あなたの英語は上手だと思うよ。

I think that your English is very well.

ショータロー
いやいやいやいや、そんなことないですよ!(え?マジで?w)

Thank you, but that’s not true.(Really?)

“That’s not true.”は「そんなことないですよ。」
 👉謙遜の定番表現の一つです。

→褒められたときの答え方、謙遜の仕方など記事にしたらまたあげますね。

ヨセフさん
会社の人の中ではね 。(ニヤニヤw)

Than your colleagues.

ヨセフさん
どうやって英語勉強してるの?

How do you learn English?

そしてここからが今日のメイン👇

ショータロー
日本人用の英語の参考書を使って簡単なスピーキングの練習とかやってるんですよ。

For example, I practice speaking simple a sentence with English textbook. For example, I practice speaking simple a sentence with English textbook.


例えば、左ページに日本語の文が書いてあって、右ページにその英文が書いてあるんで、僕は左ページの日本文を見て、パッと英語にしてみて、その後右ページの答えを見る感じです。

There are Japanese sentences on left-hand page and English sentences on right-hand page in the textbook.

So I try making and speaking English from a Japanese sentence as simply and quickly as possible, and I check the answer. 

👉ポイントは日本語の文をどう解釈するか?

解説します。

英語も日本語もシンプルに

今の僕はまだ英語力が高くないです。(TOEIC模試で約400点)
初級者~中級者かな?

まあでも好きでこういうアウトプットの練習をしているわけですが、そんなレベルの僕が難しい日本語のニュアンスを英語で表そうとしてもできないし、なんか遠回り。

それよりは今持っている英語力で言いたいことを伝えられるようにすることにフォーカスしたい。

中学英語でシンプルに伝える。

となると、そもそも言いたいことを日本語にしたときに複雑であることはナンセンスですよねw

だから、『日本語でもシンプルに伝えられるようにしないと!』って今回強く気づかされたのです。

前置きが長くなりましたが、それでは今回の日本文を改めて見てみてください。

日本人用の英語の参考書を使って簡単なスピーキングの練習とかやってるんですよ。
例えば、左ページに日本語の文が書いてあって、右ページにその英文が書いてあるんで、僕は左ページの日本文を見て、パッと英語にしてみて、その後右ページの答えを見る感じです。

なんか見にくい、読みにくい、わかりにくいですよね…w

→日本人用とか言わんでもわかるか。
→左ページ、右ページが2回も出てくるやん。
→「例えば、~見る感じです。」の文は長いな…
→「~を見る感じです」って…そんなネイティブみたいな感じ今の僕には難しいw

とかまあ色々思うことがあったので、自分の中でこう変えました。

例えば、英語の参考書を使って簡単なスピーキングの練習をやってるんですよ。

その参考書には左側のページに日本文、右側のページにその英文が載っています。

なので、日本文を見てできるだけ簡単に早く英文を作って喋ってみて、そして答えを確認しています。

ちょっとスッキリした気がします。少なくとも僕はw

では英文を解説します!

例えば、英語の参考書を使って簡単なスピーキングの練習をやってるんですよ。
For example, I practice speaking a simple sentence with English textbook.

その参考書には左側のページに日本文、右側のページにその英文が載っています。
There are Japanese sentences on left-hand page and English sentences on right-hand page in the textbook.

なので、日本文を見てできるだけ簡単に早く英文を作って喋ってみて、そして答えを確認しています。
So I try making and speaking English from a Japanese sentence as simply and quickly as possible, and I check the answer.

“practice -ing”で「~する練習をする」

“practice”「練習をする」は、あとに動詞が来るとき“~ing”の動名詞でしか置けない動詞です。
“practice to 動詞(不定詞)”はできません。

「左側のページ」は“left-hand page”「右側のページ」は“right-hand page”

“try ~ing”で「試しに~してみる」
 →ちなみに“try to ~”は「~しようと試みる」ちょっとニュアンスが違うんです。
 →以下の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてください👇

《使える英文法》“try ~ing”と“try to ~”の例文で見る意味の違い

2020年3月20日

“as ~ as possible”で「できるかぎり~」
 →この場合“as ~ as I can”とも言い換えられる。「僕のできる限り~」

ちょっと気持ち英語の解説がザックリですがw、長くなってしまったので以上です。

まとめ

お疲れ様でした!

今回は「言いたいことを伝えられない、その場で言葉が出てこない、もどかしい!悔しい!」を久々に感じた瞬間でした。

そして英文にする前に、日本語でもシンプルに伝えられる能力って大切だなって痛感もしました。

もちろんダイレクトに英文にできるのが最終目標ですけどね。

今回はいつもと少し違うテイストのアウトプットになりましたが、いかがでしたか?

説明が多くて退屈に感じた部分もあるかもしれませんが、これも文章力、言葉をいかに使うか?の問題ですね。
(→ブログ書きます😅)

言葉って面白い!英語も日本語も頑張ります!