《英語で日記》~子どものお風呂は誰が入れる?~

English

こんばんは。ショータローです。

この記事は今日あった日常の何気ないワンシーンを中学英語で話してみよ♪っていう企画の記事です。

正直僕の英語のアウトプット記事ですがw、面白そうなのでやってみます。

では早速。

今日のシーンはこちら。

仕事から19時ごろに帰ってきた僕が晩ご飯を食べる前の一幕。妻と息子は先に晩ご飯を食べ終えた状態です。

まずはこちらをご覧ください。

《日本語ver.》~子どものお風呂は誰が入れる?~

ショータロー
タマちゃん(息子)はもうお風呂入った?
ナミ
ん~ん、まだ。
ショータロー
先(息子を)お風呂入れる?
タマちゃん
見て見て、これタマちゃんが作ったんだよ。(プラレールのこと)
ショータロー
お、すごいやん!
ナミ
あ、いいよ。うち入れるで。
ショータロー
いや、ええで。俺さっと食べて入れるわ。
ナミ
ありがとう。ほな待っとく。
ショータロー
あ~腹減った。

まあまあどこの家庭にもありそうですねw

僕の英語力で英語にしてみます。

《英語ver.》~子どものお風呂は誰が入れる?~

ショータロー
Has Tama-chan taken a bath yet?
ナミ
No, he hasn’t.
ショータロー
Shall I give him a bath before I eat dinner?
タマちゃん
Look! Look! I made all these.
ショータロー
Wow! You’re great!

ナミ
Don’t worry about it. I will give him a bath.
ショータロー
No, no that’s OK. I will do it after I eat dinner quickly.
ナミ
Thank you. We’re waiting for you.

ショータロー
I’m really hungry.

こんな感じになりました。

僕のググる力もかなり使ってますがw

《解説+ポイント》~子どものお風呂は誰が入れる?~

ショータロー
タマちゃん(息子)はもうお風呂入った?

Has Tama-chan taken a bath yet?

ナミ
ん~ん、まだ。

No, he hasn’t.

→このやりとりは現在完了形の疑問文。「~し終わった」的な意味を表す完了。

ショータロー
先(息子を)お風呂入れる?

Shall I give him a bath before I eat dinner?

“Shall I ~ ?”で「~しましょうか?」

 →ちなみに“Shall we ~ ?”で「(一緒に)~しませんか?」

「(自分が)お風呂に入る」は“take a bath”で、

  →「Oをお風呂に入れる」は“give O a bath”になるそう。

タマちゃん
見て見て、これタマちゃんが作ったんだよ。

Look! Look! I made all these.

→僕はこのallとかを入れる位置がいまひとつ曖昧というかわかっていない。なんかスッキリわかるようになったら、また記事にしてみますね。

ショータロー
お、すごいやん!

Wow! You’re great!

子育ては誉めるのが大事らしい。

ナミ
あ、いいよ。うち入れるで。

Don’t worry about it. I will give him a bath.

ショータロー
いや、ええで。俺さっと食べて入れるわ。

No, no that’s OK. I will do it after I eat dinner quickly.

→お互いに、相手が何かしてくれようとしたことに対して「いいよいいよ」って断る状況です。ここにいい表現はないかなあ?と…ググりましたw

いいよいいよ

No, that’ OK. いいよいいよ。

Don’t worry about it. 心配しないで。

No, no. I’m fine. 大丈夫だよ。

No, never mind. 気にしないで。

 →英語では基本的に断るときは“no”なので、優しい口調で“No, no.”といえば優しく断れるそうです。

ナミ
ありがとう。ほな待っとく。

Thank you. We’re waiting for you.

ショータロー
あ~腹減った。

I’m really hungry.

中学英語といっても微妙なニュアンスは難しいですね。グーグル様様ですw

《まとめ》

中学レベルの英語力で、極力スラングなどは使用せず、簡単に思いを伝えるトレーニングのアウトプットとして作ってみました。

なので不自然なところがあるかと思いますが、それはたくさんの英語に触れることで徐々に改善されていくことを願っています…自分にw

とりあえず楽しかったので続けてみます。それではまた。